駐車場経営のよくあるクレーム・問題と対処法

まず、よく利用する人同士が、どこに停めるかもめるということがあります。

最近よく見られるのは、いつも使う駐車スペースをほかの人にとられた、といってトラブルに発展するケースです。

この場合、第三者が介入しなければよりトラブルは大きくなってしまいます。

どのようなことでもめているのか、要望は何か、しっかり両者の意見を聞くことが大切です。

別の駐車スペースを提案するなど、さまざまな方法があります。

また駐車場にごみが散乱している、音楽やラジオを大音量で流しながら駐車するなど、さまざまなクレームがあります。

さらにひどくなると、私物を駐車場に置きはじめた、ということもあります。

これらクレームの共通点は、いつも使っている人が引き起こすトラブル、ということです。

使い慣れた駐車場、月極めで何ヶ月も利用している人などが、使い慣れているからこそ起こしてしまうのですが、周りの迷惑となっていることを知ってもらうことがまず大切です。

もちろん月極め駐車場で、別の車が停まっている場合はまたさらに対応しなければなりませんが、場合によっては警察を呼ぶことになる事例もあります。

駐車場の問題点は、誰でも利用できる、ということにあります。

一時的な利用ならごみを捨てても問題ない、いつも使っている駐車場だから私物を置いてもかまわない、と思ってしまう方も多いのです。

注意看板を設置するなどし、トラブルやクレーム対応をしていく必要があります。

もちろんこちら側に不手際があるなら、こちら側が対処する必要があります。

機械トラブルなどの場合は専門業者に対応してもらう必要があります。

駐車場経営におけるクレーム、問題対応は、どのような事例があるのか駐車場専門業者のサイトなどを参考に、理解しておきましょう。

また運営委託の場合は、クレーム対応などもしてくれる場合があります。


駐車場経営のよくあるクレーム・問題と対処法関連ページ

価値の下がらない家を選ぶ
身の丈に合わない高額の住宅を購入し、何十年もゆとりのない生活をしたり、住宅ローンが破たんしたりするようなことが […]
マンション崩壊
マンション住民の高齢化が急激に進んでいます。日本全国ですでに、マンション世帯主の約2割は70歳以上です。 一方 […]
マンションの建替えや除却は難しい!!
マンションは朽ちた戸建の空き家と異なり、構造が頑丈で自然倒壊は考えにくいですし、管理組合の運営が適正なら、修繕 […]
2018年スタート!
新年明けましておめでとうございます! 本年も宜しくお願い致します。 株式会社ゲインは今年も不動産管理業、不動産 […]
破産管財物件と任意売却物件
「破産管財物件」と「任意売却物件」が同じ意味だと考えている方が、一般の方のみならず、不動産業者の中でも結構おら […]
農地法第5条とは?農地の売買
登記の地目が、田や畑などの農地を、 他人に売買する場合や、他人に賃貸する場合には、 農地法第5条の手続きが必要 […]
生産緑地とは?
 農地は、公害や災害を予防したり、緑地としての機能を果たしています。こうした農地の機能に着目し、安全で豊かな居 […]
売却する不動産に譲渡益が発生するか否か?
■不動産を売却しても譲渡益がでなければ譲渡所得税は課税されません。 譲渡益(譲渡所得)の計算方法 譲渡所得は、 […]
2017年スタート!
新年明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します。 2017年、株式会社ゲインは本日、1月4日 […]
土地オーナー様へ
空きの多くなった駐車場、狭小地、最寄駅からの距離が遠くて収益物件の建築を諦めてる土地等を抱えて悩まれてはいませ […]