破産管財物件と任意売却物件

「破産管財物件」と「任意売却物件」が同じ意味だと考えている方が、一般の方のみならず、不動産業者の中でも結構おられます。

しかし、両者は同じではありません。

「破産管財物件」とは、不動産の所有者が破産する事により、裁判所から選任された弁護士が実質的な売主となる物件の事をいいます。

他方、「任意売却物件」とは売却しても担保権が抹消できる金額に満たないために、売却には債権者の同意が必要な物件をいいます。

つまり、「破産管財物件」は「任意売却物件」の中の一部にすぎません。

また、会社などが破産した場合には、稀に無担保の不動産でも「破産管財物件」に該当する事があります。

当然この場合には、債権者が存在しないため、「任意売却物件」とは言えません。

そして、この両者の区別ができないと、売主や買主、債権者に多大な迷惑をかける事態になる事があります。

例えば「破産管財物件」の場合、謄本上の所有者と契約しても無効ですし、また、裁判所の売却許可が得られなければ登記を移す事もできません。

契約の際に、万一、売却許可が得られなければ白紙解除ができる旨の停止条件がなければ、売主の違約と解釈されてしまう事態もあります。

この様に、それぞれの違いを十分理解して契約しなければなりません!

当社は破産管財物件や任意売却物件の買取も行っております!ご相談は 株式会社ゲイン まで

お問合せくださいませ!


破産管財物件と任意売却物件関連ページ

価値の下がらない家を選ぶ
身の丈に合わない高額の住宅を購入し、何十年もゆとりのない生活をしたり、住宅ローンが破たんしたりするようなことが […]
マンション崩壊
マンション住民の高齢化が急激に進んでいます。日本全国ですでに、マンション世帯主の約2割は70歳以上です。 一方 […]
マンションの建替えや除却は難しい!!
マンションは朽ちた戸建の空き家と異なり、構造が頑丈で自然倒壊は考えにくいですし、管理組合の運営が適正なら、修繕 […]
2018年スタート!
新年明けましておめでとうございます! 本年も宜しくお願い致します。 株式会社ゲインは今年も不動産管理業、不動産 […]
農地法第5条とは?農地の売買
登記の地目が、田や畑などの農地を、 他人に売買する場合や、他人に賃貸する場合には、 農地法第5条の手続きが必要 […]
生産緑地とは?
 農地は、公害や災害を予防したり、緑地としての機能を果たしています。こうした農地の機能に着目し、安全で豊かな居 […]
売却する不動産に譲渡益が発生するか否か?
■不動産を売却しても譲渡益がでなければ譲渡所得税は課税されません。 譲渡益(譲渡所得)の計算方法 譲渡所得は、 […]
2017年スタート!
新年明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します。 2017年、株式会社ゲインは本日、1月4日 […]
土地オーナー様へ
空きの多くなった駐車場、狭小地、最寄駅からの距離が遠くて収益物件の建築を諦めてる土地等を抱えて悩まれてはいませ […]
管理委託料の相場
委託料は、業者によって違いがありますがおおよそ賃料の約5~10%程度です。 業者によっては、この委託料では契約 […]